2012年07月08日

オペラ カルメン

猫 リヨンオペラ座、今シーズン最後の出し物はビゼーのカルメン。私はいつものように初日公演を観に行きました。有名な演出家 Olivier Py (オリヴィエ・ピ)を迎え、あっとおどろく舞台になっていました。カルメンはスペインの煙草工場労働者ではなく、パリのキャバレーのトップ・ダンサーなのでした。凝った舞台装置はすばらしく、見事にパリの小劇場を再現しています。ただ、演奏も歌も演技も大掛かりな装置に負けてしまっているように見えました。もう少し声量のある歌い手だったらよかったのに、と思うことしきり。ほっそりとして見栄えはよい方々ばかりなんですが… 

猫 昨日、7月7日にフランス各地で、この舞台の実況中継が大スクリーンで放映されました。リヨンはテロー広場で市庁舎を後にスクリーンが設置され、8千人もの人が集まったと言うことです。

Carmen1.jpg
設置された大スクリーン

Carmen2.jpg
人でうめ尽くされたテロー広場
リヨンオペラ座フェイスブックの写真を拝借


猫 フランス・アルテ局のウェエブサイトでこの中継録画を見ることができます。このアルテ局ウェブ・ライブのサイトでは、先週から始まったエクサンプロヴァンス音楽祭の演目もいくつか観ることができます。幕開けの作品となった「フィガロの結婚」が12日に放映されるそうで楽しみです。
posted by KIMIU at 17:45| Comment(0) | 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。