2013年01月26日

オペラ 利口な女狐の物語


La Petite Renarde rusée
ヤナーチェク
写真はリヨンオペラ座サイトから拝借


るんるん作曲 Leos Janacek (1924)
るんるん演出 André Engel
るんるん指揮 Tomas Hanus


猫 今月のオペラはヤナーチェクです。初日に観て来ました。作曲家の名前だけは知っていましたが、オペラを観るのは初めてです。色とりどりの舞台に、子どもたちが演じるたくさんの動物。楽しく陽気な自然界賛歌の物語です。万物は生死を繰り返していくものだということが描かれます。

猫 いつもどおり舞台に遠い5階席をとってありましたが、この日は空席が多かったらしくて、1階席の奥のど真ん中に変更になりました。ちょっと得した気分です。
posted by KIMIU at 16:25| 観た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

リヨン1区の図書館で

猫 最近、東日本大震災と原発事故のことなどは、一般のフランス人にとってはもう済んだことになりつつあります。そんな中で、私が住む1区の市民図書館では3.11に関連していくつかのイベントが企画されています。

猫 リヨン市立図書館は大きな総合図書館のほかに、各区(9区まである)に小規模な図書館が設置されています。1区の図書館では昨年秋に日本をテーマした子ども図書館部門のイベントがあり、ちょっと相談にのったりしました。日本の生活習慣を子ども達に紹介する企画がきっかけでしたが、大震災とその影響について思いを馳せずにはいられない、と司書の皆さんはその後もいくつか企画を立てることになりました。福島など現地を訪れた他の日本人の方々の協力も得て、被災地・被災者にとって事態はまだまだ収拾していないことに気付かれたのもあるでしょう。

猫 子ども図書館部門では、被災した子ども達に向けて寄せ書きをして送ったり、被災状況を聞いて絵や作文を書く催しが行われます。

Bibliotheque1.jpg
リヨンの子ども達による寄せ書き

Bibliotheque1er.jpg
2月のイベントを伝えるポスター

猫 2月の子供向けイベントは、震災と原発事故により避難を余儀なくされた福島の子供たちの作文を元に編集された本の中からいくつかフランス語にして聞かせて、リヨンの子ども達に絵を描いてもらって製本します。3月末に日本の本と、リヨンの子ども達の本を展示して紹介するイベントも予定されています。製本した本は、作文を書いた子ども達に見てもらえるように福島にも送ります。

猫 また、大人向けには3月15日に、原発事故による避難者の状況をめぐる公開討論会が催されます。日本人の友人と共に準備に協力していますが、これら全てフランス人の方々のイニシアチブだと言うのが心強いです。日本でさえ震災と事故の記憶が風化し始めているなか、フランスのフツーの隣人に、被害はまだ続いており今もその困難を生きる人々がいるのだと伝えていければと思います。
ラベル:リヨン 3.11 図書館
posted by KIMIU at 04:05| Après 3.11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

雪が降って

猫 先週末から冷え込んで、リヨンにも雪が降りました。

ENS
職場中庭の雪景色

猫 今週末は田舎の雪景色を見にエルフィンも連れ出してみました。毎日薄暗いアパートに閉じ込められてかわいそうですからね。今日もドンヨリ曇っていましたが、日中の気温は4〜5度と緩んで雪はどんどん融けていきました。

Elffin-3.jpg
あら、つめたい

Elffin-4.jpg
すべるのかしら

Elffin-5.jpg
そろり、そろり

Elffin-6.jpg
草を食べるのに、雪はじゃまねぇ

Elffin-2.jpg
雪は見ているだけがいいわね

ラベル: 寒波 リヨン
posted by KIMIU at 17:00| 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

年が明けて

猫 新しい年が明けて、ふと気がつけばもう月半ば。日のたつのが早すぎます。ブログ更新がちっともできませんが、細々とでも続けていきたいと思っております。

猫 年末年始は例年のごとく日本に里帰りしておりました。今回はリヨン-パリ-羽田便にしたので、横浜の実家との行き帰りが成田に比べてずっと楽でした。羽田空港国際ターミナルは、小ぢんまりしているのもあって、わかりやすくて快適です。パリ行きの便は午前1時30分発だったので、展望台からしばし夜の飛行場をながめたりしていました。

DSC_0034.jpg

DSC_0035.jpg


猫 パリのシャルル・ド・ゴール空港に戻ってきたら、薄暗くて使い勝手が悪くて少々腹立たしさを感じてしまいましたよ。パリからは新幹線TGVでリヨンに入り、珍しく遅れもなく予定通り家に帰る事ができました。犬の糞だらけで汚い歩道が気になりましたが、またすぐ慣れました。

猫 猫のエルフィンは昼寝中で、私の顔をちらりと見たきり何の感動も示さず眠り続けていました。

Elffin-1.jpg
posted by KIMIU at 22:00| 身辺雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。